ここでは、 に関する情報を紹介しています。
    [PR]
    nobu-2.jpg
    ノブ 寺島伸夫

    1981年1月23日生まれ
    身長 167cm
    体重 52kg
    血液型 A型
    職業 BLACK STONESのギタリスト
    家族 父、母
    その他の呼び名 おぼっちゃま
    好きなもの
    肉じゃが アメ 牛乳 ピストルズ ギター

    寺島旅館の一人息子。
    初恋は四歳の時で、相手は旅館の仲居のユミちゃん。

    小学生の時、ボーイスカウトに所属。
    中学校の入学式でレンに出会い、同じ軽音部に入部、ギターを始める。

    中学の三年間はギター漬けの日々を送り、第一志望の高校に落ちるも
    すべり止めの高校に合格、ナナと同じクラスになる。

    ナナが中退後、千帆と交際開始。
    「ブルート」のクリスマスライブでナナにレンを紹介する。

    少年時代のノブにとってレンはヒーローであり、誰の手にも負えないほど
    歪んだナナをどうにかしてくれるかも知れないとの想いからだった。

    翌年の夏、ブラストにナナと共に加入。
    千帆と破局。ナナとの仲を疑われたのが原因だった。

    二年後、ナナの後を追って上京。

    素直でロマンチスト。社交家で友人が多い。
    惚れっぽくて誘惑に弱い。霊感あり。

    ギターを持つと人が変わったようにかっこよくなる不思議な男。
    普段は友達ノリで気構えず話せて、イザという時キメゼリフを言う。(京介談)

    ナナの初めての友人で、ケンカをしてもすぐに仲直りする。
    ノブがハチに惹かれたのは、ナナの初めての女友達であり

    人付き合いが苦手で誤解されやすいナナを受け入れたからと思われる。
    付き合っている彼女よりもナナを選ぶほど、ノブにとっては大切な親友。

    ナナの歌でギターを弾くことがノブの幸せである。
    ハチの妊娠が判明した時には、タクミとの二股を疑って責めてしまったが

    レンの葬儀では、レンを引き止めればよかったと後悔するハチを
    「おまえは悪くない」と励まし、支えている。

    ハチのお腹の子が自分の子でなくても、ギターを教えることで
    自分も父親として育てていくことを決意する。
    nobu-1.jpg
    未来のノブ

    実家の「寺島旅館」の若旦那で、地元でライブハウスを経営しているらしい。
    年に一度の花火大会では皆で707号室に集結する。

    ナナに指摘された「お気楽な愛情」から卒業し
    ハチと子供たちを温かく見守っている。

    >>NANAのコミック・レビューはこちら


    *ストーリーの進行により追加・修正します。
    nana-1.jpg
    大崎ナナ

    1981年3月5日生まれ
    身長 162cm
    体重 43kg
    血液型 A型
    口グセ 「うざい」「うぜぇ」
    職業 BLACK STONES(ブラックストーンズ、ブラスト)のボーカル
    家族 母・上原美鈴 異父妹・上原美里
    好きなもの
    ヴィヴィアン ピストルズ セブンスター ビール
    ミルクコーヒー イチゴのケーキ 蓮の花

    クールな佇まい、ワイルドな言動、ファッションもすべてが際立っている。
    気ままなノラ猫みたいで誇り高く自由だけど、孤独で淋しがりや。
    一見サバサバした性格に見えるが、複雑な生い立ちによる
    もろい一面を見せることも。
    (「TVアニメーション『NANA』公式ファンブック」より)

    東京生まれだが、4歳で母親に捨てられ祖母の養子となって
    地元で育てられる。

    高校一年生の時、援助交際の濡れ衣を着せられて中退。
    その後、祖母が死去。

    ノブに誘われたクリスマス・ライブでレンと出会う。
    翌年の夏、ブラストに加入する。

    クリスマスにレンと交際開始、すぐ後に同棲開始。
    ブラスト結成一年半後にレンがトラネス加入のために脱退、上京。

    二年後にナナ上京。
    東京行きの電車の中でハチと出会い、707号室で同居生活開始。

    5月、ハチの地元でトラネスのライブへ。
    ナナ、レンと再会する。
    半年後、ハチの結婚により、同居解消に。

    母親に捨てられたトラウマで独占欲が強くハチ、レンにその傾向が顕著である。
    ヤスには依存していても、「ヤスはあたしのものじゃないんだから」(9巻)

    美雨とは「じゃー仲良くしなきゃ」(18巻)と、
    ヤスに対しては自制が効く。

    トラネスをライバル視して「レンの大事なものを大事に思ってあげられない」(16巻)
    ことを悩んでいて、母親になる自信がない(8巻)、レンに置き去りにされた恨み(20巻)

    などから皐を捨てたと推測され、母・美鈴は21歳で未婚のままナナを出産し
    ナナ自身も母と同じ過ちを犯すことを匂わせる。

    nana-2.jpg
    未来のナナ

    イギリスのバーで歌手をしているらしい。
    「あたしは生まれかわるなら魚がいい 狭い水槽の中でレンと2人だけで泳ぐの」(11巻)

    「寝ても覚めても今も迷ってるの レンのそばに行きたくて」(20巻)からは
    ハチと同様にレンとの恋に溺れていることが伺える。

    これはハチやブラストの仲間の不在が要因と思われ、
    歌だけでナナが満たされることはなかった。

    皐を受け入れることで、恋に溺れたナナの心は救われ、レンへの愛が成就し
    仲間たちと再会を果たした時、ナナは愛に満たされるのかもしれない。

    >>NANAのコミック・レビューはこちら


    *ストーリーの進行により追加・修正します。
    ハチ「こら皐!靴!!」

    皐

    皐が電話にでるために、靴のまま上がってしまった時のハチのセリフ。
    このブーツ、ナナとレンが履いているものと同じなんです。

    これはナナとレン、皐の関係を匂わせています。

    レン皐

    上の場面ではアングルが前後していますが、同じブーツで走る格好も同じ。
    皐の背後には、ハチと電話の向こうにタクミ、

    レンの後ろには木下と、スタジオに向かったタクミがいます。
    皐とレンを重ねて、現在と未来が再現されているのですが、

    nana19-nana.jpgnana19-sastuki-2.jpg

    ナナと皐のチョコを見た時の表情も同様です。
    下の場面、本とDVDの違いはありますが途中で眠くなる、寝顔が良く似ていて

    nana19-sastuki.jpgnana17-nana.jpgnana17-nana2.jpg

    ナナと皐を重ねているのは、皐がナナとレンの子であるという
    繋がりが表されているのではないでしょうか。

    nana19-nana-2.jpgnana19-sastuki-5.jpg

    上のナナとハチ、皐とハチのやりとりも同じです。
    なぜ19巻でこのような描写がされたのか?

    皐の初登場は12巻、19巻は7巻目に当たるからでしょう。
    「NANA」では「7」にまつわる数字が多用されています。

    15巻のラストでタクミが帰宅していて、皐に服を買ってきたシーンがありますが
    16巻冒頭で11月5日のガイ・フォークス・ナイトの祭りが行われています。

    タクミが帰ってきたのはその数日前か当日で、服は皐の誕生日プレゼントではないか?
    と思われます。

    ハチが予定日の4月に蓮を出産していれば、その7ヵ月後の11月にナナが皐を出産。
    18巻でレンがイギリスから帰国したのは2月1日なので、有り得ることです。

    ナナは過呼吸のこともあって、レンがいない間
    ピルをやめていたことも考えられます。

    20巻でナナは「飲み忘れていたピルを一緒に流し込んだせいかな
    必要もないのに」

    これはナナがレンに会えない寂しさと、
    妊娠していてもうピルを飲む必要はない、二つの意味に取ることもできます。

    皐はシンが好きだと告白していますが、11月1日が皐の誕生日で、
    シンとレイラのように運命の赤い糸を感じているのかも知れません。

    nana13-nana.jpgnana21-sastuki.jpg

    上の場面でも、布団を掛けているハチの表情が同じで、ナナと皐が
    重ねて描かれています。

    nana21-sastuki-2.jpg

    上のイラストは21巻の裏表紙で、皐がライダースジャケットを着ていますが
    12巻で「トラネスのレンと言えば やっぱり黒のライダースで 決まりでしょ!」

    ブーツと同じくレンとの関係が示唆されています。
    皐がブーツのまま、部屋に上がってしまったのも

    ナナが土足での生活を好むこととの繋がりを持たせてあります。
    レンは「そーゆー難しい事はハゲに聞け」と、何度か口にしています。

    12巻で皐はヤスにチョウチョのことを、21巻ではシンが来ないことや
    タクミが帰って来ない理由を質問責めにしている所を見ると、

    皐はレンに似ているということです。
    では、なぜ皐はハチとタクミの子ではないのか?

    蓮と皐は、年齢が離れているようには見えず、
    同じ年か一歳違い位にしか見えません。

    双子であるなら、医師が必ず告げるのでまずありません。
    それでは年子の可能性ですが、その頃タクミはイギリスで

    新しい仕事と、レイラを支えることに手一杯のはずです。
    9巻で川野は「両手いっぱい塞がってると 肝心な時に身動きが取れなくなるぞ」

    まさにタクミの置かれている状況そのものです。
    ハチは日本でナナを待っていて、異国の地で妻の支えもない。

    そんな時にレンが考えた「皐」と名づけるために子作り、も考えにくい。
    家庭を放り出した夫婦が、子供をもう一人とはないでしょう。

    ナナはマスコミの目を逃れるために、おそらくハチと一緒に東京を離れて
    皐を出産し子供を置いて失踪したナナの代わりに、一ノ瀬家の養子に迎えてハチが育てた。

    もしかしたら、ナナはノブの旅館に隠れていてそこで出産した。
    「皐の間」は、皐が産まれた部屋ではと思われるのですが、果たして?

    18巻でハチは「皐は年末からおじいちゃんとおばあちゃんとこに行ってるから」
    ハチはいつも「実家」と言うのですが、この時は言い方が違うのです。

    皐はハチの実家ではなく、ナナの母がいる上原家に行っているのではないでしょうか。
    一ノ瀬家には、おばあちゃんはいません。

    もう一つ、蓮は冬休みにイギリスへ行っているのに皐は行っていない。
    子供の皐を一人で帰すことは有り得ないので、行ってません。

    これは、ナナとレンの子である皐をレイラに会わせないためでしょう。
    レンの死で罪悪感に苦しむレイラに会わせれば、さらに追い詰めることになります。

    素性を隠したとしても、いずれはどこかでバレることもあるからです。
    淳子が「サツキは奈々と同じ面食いのDNAを受け継いでるんだよ」

    ハチの反応ですが、皐は産まれた時から育ててきたハチにとって
    血の繋がった我が子のような存在。

    思い込みの激しいハチは忘れることもあるのでしょう・・・。

    >>NANAの関連商品はこちら
    シン「もうちょっと相手の気持ち考えなよ!」

    レンの葬儀で、レイラがナナに謝りに行こうとしたのを
    シンが止めに入って、連れ出したレイラに言ったセリフ。

    レンはレイラを迎えに行く途中で事故に遭う。
    レイラは悲しみと罪悪感にさいなまれていて、

    思わずナナに謝ろうとしたのでしょう。
    しかし、この謝罪は4巻で京介が章司に言った

    「おまえが奈々に謝りたいと思うのは優しさじゃねえ
    単に謝って自分がスッキリしたいだけだろ」

    に近いのではないでしょうか。
    シンは「レンがレイラさんを迎えに行こうとして

    事故にあったなんてナナさんが知ったら どう思うか考えてよ
    なんでそんな事も分からないんだ・・・」

    シンの言うことは正しい。
    ただ、悲しみに打ちひしがれている人に言う言葉ではない。

    これは、シンがブラスト側の立場で物を考えるようになったからです。
    10巻でシンはレイラへのメールで、レイラが寂しいと言うなら

    どこへでも行く、心と体が温まるならそれでいい。
    「そんな風に言うとなんだかすごく 優しい人のように

    勘違いされそうだけど それ以上に大切だと思えるものが
    今の僕にはないだけの事だよ

    だから明日はどうなるか分からないけど 自分勝手でごめんね」
    シンが釈放された時、温かく迎え入れたのはブラストのメンバー達。

    シンにとって帰る場所はブラストになり、レイラ以上に大切だと思えるものは
    ブラストに変わってしまった、ということ。

    そして、11巻のナナのモノローグで「ハチが人生でたぶん 一番心細かった時に
    責めて追い討ちをかけた ふがいない自分を」

    8巻でノブは「切れてなかったのかよ あいつと」
    9巻でナナはお揃いのいちごのグラスを割って、ハチを責めて追い討ちをかけた。

    シンはレイラに対してナナ、ノブと同じ過ちを犯してしまった。
    その後、立ち去るシンと入れ替わりにタクミが来る。

    走り去るシンの背に、二人の腕が一つに繋がったように見えるのは
    運命の赤い糸のような不確かなものでなく、

    信頼と絆で繋がれている象徴。
    もう一つは、シンの役目はタクミに渡ってしまったこと。

    21巻でシンはメールで「順一郎になれたら迎えに行きます。」
    数年後のイギリスで二人は再会するでしょう。

    でもそれは、レイラではなくナナを迎えにです。
    もし、シンが迎えに来てもレイラは行きません。

    7巻でヤスはレイラのことを「一番かんじんなとこで 支えてやれなかったんだ
    破綻して当然だな」

    歌えなくなったレイラを支えたのは、シンではなくタクミ。
    シンはヤスと同様に、一番肝心な所でレイラを支えられなかった。

    タクミとレイラはお互いが一番大切な存在であり、レイラがシンに付いていけば
    それはナナとノブを裏切り、恋に溺れてタクミの元に走ったハチと同じだからです。

    レイラは自分を大切にして、支えてくれたタクミを裏切ることはしないでしょう。
    シンとレイラはここで終わってしまったんです。

    タクミが未来でレイラといるのが明らかになったのは19巻、70話。
    ハチのモノローグ「あたしがナナに会いに行くのは 許されたいからじゃないの

    今もナナを好きだから ただそれだけだよ」
    70話のラストでタクミとレイラにかぶせてありますが

    タクミがレイラと一緒にいる訳も、罪悪感や許されたいからではなく
    ハチがナナに会いたい理由と同じだからです。

    >>NANAの関連商品はこちら

    マンガ無料立ち読み



    ハチ「でもそんな事頼まれてもレンは困っちゃうよね」

    数年後の未来で、レンの墓参りで皐の願いに対するハチのモノローグ。
    「皐の願いなら分かってる 『家族4人で仲良く暮らせますように』

    でもそんな事 頼まれてもレンは困っちゃうよね
    あたしがなんとか してあげなきゃ いけないのに」

    このモノローグ、なぜかノブにかぶせてありますが
    ハチがノブを見て、考え事をしているのです。

    ハチはレンに語りかけている時にノブを見ている。
    これは、亡くなったレンにだけではなくレンと同じ名の

    ハチの息子、蓮にも同時に語りかけているのです。
    蓮が困っていること。

    それはノブのことで、ノブ=蓮の父親。
    こう考えるとノブを見ていることや、ハチが責任を感じている理由がわかります。

    蓮はノブが実の父親であることを知ってしまった。
    12巻の花火大会に蓮が行かなかったのは、その頃には事実を知っていた、ということでしょう。

    そして冬休みが終わってもイギリスから帰らなかった。
    19巻でタクミからの電話でハチが「蓮はどうしてるの?」と聞いて

    電話が切れた後のハチの表情、21巻で皐が「だからお兄ちゃんは
    パパの所にいるんだよ?パパが寂しくないように」

    その時のハチの複雑な表情は、皐が言っているような事情ではなく
    ハチと蓮が、確執を抱えていることを物語っています。

    8巻でナナは、ハチにシンの母親のことを
    「どっちの子が生まれるか大バクチだろ」

    「あんな理性を失ってる 最中の人間のやる事なんか 適当になりがちじゃん?」
    相手が避妊してくれても安心できないと言ってます。

    14巻でタクミは「事実は事実としてありのまま受け入れろよ」
    ノブの子でも、つっこみ合って笑うしかない。

    21巻でハチが「生まれてくる子はあたしとタクミの子なの 2人でそう決めたの」
    まるで、子供の父親はノブであるかのような言葉。

    10巻でハチがシンに「ノブは元気・・・・・・?」と聞いて
    「ギターばっかり弾いてるよ」

    18巻でもノブがハチに「ギター弾いてる?」と蓮のことを聞いて
    「ギターばっかり弾いてるよ」

    シンは「うるさくて僕まで眠れない」
    ハチは21巻で「ギターの音は皐には子守歌だから」

    ノブと蓮は寝る間を惜しんでギターを弾くほど
    ギター好きな所がそっくり。

    ノブが蓮の父親であることは、随所でほのめかされています。
    それから、ハチはシンのママ代わり。

    8巻でナナは「かーちゃんが現地の男と 浮気して出来た子供がシンで
    家庭崩壊したと思うのはあたしだけ?」

    10巻でハチは「もしかしてシンちゃんの家の事情と
    あたしの立場ってちょっとかぶってる?」

    シンの母親は、夫か浮気相手の子かもわからないままシンを産んで
    夫の子ではなかったから、出産後すぐに自殺した。

    ハチとシンの母親はとても良く似ている。
    ハチがシンのママ代わりということは、ハチはシンの母親と同じことになる。

    夫の子ではない蓮を産み、蓮はそれを知ったことで
    シンのように「産まなきゃよかったんだ」と言うでしょう。

    8巻でシンがこのセリフを言った次のページで、
    検査薬でハチは妊娠を知る。

    これはお腹にいる子供=蓮が、未来でシンと同じ思いをするということです。
    10巻でハチが「あたしは自分の子供に・・・そんな事 絶対思わせたくないの」

    タクミの子じゃなくても「努力次第で幸せな家庭は築けるんじゃないかって・・・
    希望を持ちたいってゆーか・・・・・・」

    ハチの考えは甘かった。
    未来のナナが「ねえハチ あんた今 笑ってる?」

    妊娠を知ったハチが、落胆している場面にかぶせてあるのは
    現在のハチに突きつけられた事実に対してと、

    蓮に、シンと同じことを思わせてしまったことに対してでしょう。
    未来のハチが、笑って暮らせる幸せな状況ではないことを表しています。

    一方、蓮はタクミに信頼を寄せていて
    血縁がなくても父親として、大切に思っているようです。

    レイラはタクミの大切な人だと知っているから、
    蓮も大切にしようと思っているのでしょう。

    そうでなければ、両親の別居の原因になったレイラに
    ギターを弾いたり手を繋いだりと、仲良くはできません。

    11巻でナナは「もし あんたが今もあの男のそばで 幸せに暮らしているのなら
    少しは あたしも救われる」

    ハチも蓮のように、タクミを大切にできたなら
    ナナの願い通りに笑って幸せに暮らしていたはずです。

    ↓ ナナ達が穿いてます

    ボンテージパンツ 赤タータン



    ↓ ナナ達が着けてるブレスレット

    緊急入荷!ライダース スパイク 3連 スタッズ メンズ レディース ブレスレット バングル...

    105円コミック